冷え性

つらい肩こりにマカを

肩こりは、同じ姿勢を長時間続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けると硬くなり、血行不良や末梢神経が傷ついても硬くなります。
近年の研究で、筋肉を包む筋膜に出来る皺(しわ)が原因になることも示唆されています。

肩こりを解消するには、普段使わない筋肉を動かすことによって治ることもありますが、血行を改善することも大切です。
末梢神経は、凝って硬くなった筋肉に圧迫されて起りますから、筋肉が柔らかくなれば自然と改善できます。
また、血流の滞りは、ホルモンバランスの乱れやストレスの影響も大きく関わっていますから、マカのサプリなどを摂取すればこれらは改善され、血液循環をコントロールする自律神経も改善されるのです。
さらにマカには筋肉を構成する細胞も代謝が活発になります。
そして、ケルセチンは血流を改善したり、血管の保護につながりますが、これを作り出すのは、マカの成分でもあるタンパク質を構成するアミノ酸であるフェニルアラニンです。

マカを摂取しているから大丈夫だと過信しないでください。
何よりも大切なことは、日頃から普段使わない筋肉を動かすようにして、凝っている筋肉は伸ばす方向に引っ張るつもりでストレッチをすることです。
そして、局部的な強度の指圧は、避けてください。